奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
心の痛風
今年は一年運で「木」が巡る年ですが、
「木」は臓器では肝を支配します。

「肝」は現代でいう肝臓だけではなく、
自律神経系や内分泌系などのほか、
体の機能・働きを主ります。

そして、ストレスを受けるところ、
精神活動の中心とされています。

この木が乱れると、
イライラする、やる気がでない、集中できない、
なぜか涙が出てくる、些細な事に腹がたつ、
気分の浮き沈みが激しい、、、などなど
さまざまな精神症状が現れます。

毎年、巡る五行の影響によって、
相談の内容もけっこう偏るのですが、

今年は立春を過ぎた頃から、
精神的に不安定な方が、本当に多く相談に来られています。

ある女性の方は、中学生の息子さんが急に怒ったり、
かと思えば急に沈み込んだりで、
「あの子は生理前の女子かッ!」と怒ってらっしゃいました。

そう、木の乱れとは、PMSと言われる生理前の症状や、
更年期のオバサマような状態なのです。

そして「木」は、私たちの情動にも深く関係していますから、
元々ちょっと「情緒不安定な人」なんですね

先日も、「職場ですぐに泣いてしまう・・・」
という方が相談に来られました。

怒られればもちろん、注意されただけでも、
それどころか優しくされただけで、
意味もなく涙がボロボロ出るのだそうです

また、ご近所トラブルも多くなっています。
以前なら「お互い様」と我慢できた事も、
今年は感情が抑えられないのでしょう。

泣いたり怒ったりと情動の過ぎる「木」の乱れは、
言ってみれば「心の痛風」です。

風が吹いただけで、感情が揺れ動くのです。

もともと「木」が乱れている人はなおさら、
「木」が巡る今年は、「心の痛風」の人が増えています。

今、もし何か感情が抑えられない事がある人は、
少し落ち着いて考えてみて下さい。

感情的になってあとで後悔しないように・・・

今の問題は「心の痛風」が静まってからにしませんか

そうそう、「木」は器官では目です。

イライラしたり腹の立つ日は、
サングラスをしたり、
帽子を目深に被ったりして、
目からの刺激を減らせば、ずいぶん楽ですよ

関連記事
【2014/06/30 14:20 】
| 五行五気のおはなし | コメント(-) | トラックバック(0) |

五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。

トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/83-37e0d644
| ホーム |