奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
秋は“物悲しい季節”
秋は“食欲の秋”“芸術の秋”などと言われ
気候もよく過ごしやすい季節ですが、
反面、とても寂しい季節です。

五行において、秋は“金”が支配します。

【五行色体表~金~】
kin-sikitaihyou.gif

上記にあるように、金の五志は「悲しみ」です。
もちろん人それぞれ、
春でも夏でも悲しむことはあるでしょうが、
秋というのは、何もなくても
寂しさや悲しみが押し寄せる季節なのです。

そして金の五蔵は「魄」です。
「魄」とは~ハク・タマシイ~と読み、
「魂」と同じです。

ただ、魂が太陽を受けて活動するイメージなのに対し、
魄は月を受けて活動するイメージです。

太陽と月の違い・・・陽と陰、昼と夜、動と静など
これらのことからも、秋の寂しさがイメージできますね。

そして五臓では「肺」、五色では「白」です。
金が強い人というのは、
色白で何だか物悲しい雰囲気の人なんです。
         
よく時代劇なんかで、肺病を患った女性が
をかばうように背中を丸め、
真っ白い顔でただ死を待つ・・・”

そんな物悲しい姿が描かれたりしていますが、
それはたいていが吉原のような遊郭の女性だったり、
男性に捨てられて悲しみに暮れる女性だったりしませんか?

“金”というのは、
そんな儚く悲しい感情を起こさせるのです。



ちょっと話はそれますが、
金が強い女性は、バストが小さいのが特徴です。
そして体の線が細く、ちょっと猫背ぎみであったりもします。

たまにテレビドラマや映画を見ていて、
とても悲しい役どころの女性が
なぜか元グラビアアイドルだったりして、
体格が良くとても豊満だと
なんだか違和感を感じてしまいます

“こんな性格はこんな容姿”というのも
五行によって表れますので、
役と演者の関係も、作品のヒットに関係するのかもしれませんね。



そんな金が支配する秋は、相談に来られる方も
“寂しさや悲しみ”を訴える方が多いです。

今これをお読みくださっている方も「最近なんか寂しいな」と
感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、秋ゆえに過去の悲しみを
思い出しているだけかもしれませんし、

同じ出来事でも2ヶ月前の夏だったら、
また違った感情だったかもしれません。

せっかくの秋なんですから
感情に呑まれてしまわずに、
キンモクセイの香りや、秋の景色が映し出す
この大自然の哀愁を楽しんでみてはいかがでしょうか



それ「金」の乱れかも?!
【大音量で聴いてませんか?】

関連記事
【2011/09/30 13:19 】
| 五行と季節 | コメント(-) | トラックバック(0) |

五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。

トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/32-362bd5f9
| ホーム |