奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
植木は難を防ぎ、花は難を隠す
町を歩いていると、なんだか生活感がないような、
‟気のない家”ってありませんか?


そういえば、以前に住んでいたご近所さんの話ですが、
そこは、もともと年配のご夫婦が住まわれていて、

春には見事なしだれ梅が咲き
夏には、紫陽花、芙蓉、サルスベリ

秋はキンモクセイの良い香りが広がり
冬には生垣のサザンカが、
道路一面に咲いていました

ですが、息子さん夫婦に家を譲ってから、
お嫁さんは虫が嫌いだそうで、
全ての花木を切ってしまわれました。

サザンカの生垣は、
冷たいアルミのフェンスに変わり、
庭もとても殺風景なものに変わりました。

それから3年もしないうちに
息子さん夫婦は離婚されたそうで、
結局、家は売りに出されてしまいました。

別に、木を植えていれば良いという訳でもなく、
スッキリ綺麗な、モダンな家なら問題ありません。

ですが、それと殺風景というのは
ちょっと違うんですよね

‟あれだけの見事な花木を切る”という
奥さんの殺伐とした心を感じます。

そうさせたご主人にも
問題があったようですけど・・

風水では、
「植木は難を防ぎ、花は難を隠す」と言われています。

生き生きとした緑は、
家庭の活気を感じさせますよね

それに、たとえ意識しなくっても
何気に映る季節の花々は、
家族の‟アラ”を隠してくれているのです。

世のご主人方も 
奥さまの欠点が気になるなら
たとえ一輪の花でも
買って帰られたらいがでしょうか

【2017/10/02 10:40 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


「天水訟」・・正しい道
「易」とは、
自然の摂理、天地の法則を説いたもので、
そこには先人たちの知恵がたくさん詰まっています。

さて、易占いには
「正しい道」という言葉がよく出てきます。

 ●正しい道なら進んで吉だけれど、
  そうでない場合は災いを招く・・

 ●それが正しい道なら亨(支障ない)・・

そういった卦辞(説明)が多いのですが、
「正しい道」とはなんなのでしょう?


易の言う「正しい道」とは
簡単に言うと「人として」という事です。

物事には必ず「道理」があります。
それは法律で決められたものでもないですし、
周りが皆そうだから・・というものでもありません。

太陽が東から昇るように、
水は下へと流れるように、

「人として」の生きざまにも、
決まった道筋があるのです。

たとえ裁判で勝ったって、
たとえ大金を手に入れたって、

「道理」に適わないものは、
決して満足することはありません。

易の64卦の中には
「天水訟-てんすいしょう-」という
訴訟をあらわす卦があります。

これは、天と水と訟
上へ上がる「天」と下へ下がる「水」という
相反する働きに、争いをみたものです。

ご相談の中にも、不倫の事実を隠したまま
なんとか離婚にこじつけようだとか、

隠し財産がばれないように離婚に持っていきたい・・
親の遺産をうまく言って兄弟に放棄させたい・・などなど
そんな話を伺います。

もちろん、そこまでに至った経緯というか、
気持ちを考えると、分からなくもないのですが

言っていることと事実が相反していれば、
それは「天水訟」と同じ

道理に適わないものは、決して亨ことはないのです。


【2017/08/29 07:00 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


どこかで繋がっている
先日、懇意にさせて頂いている西洋占星術の先生と食事に行きました。
淀屋橋に鑑定ルームを構える、ルナ先生です

これまで何度かご一緒させて頂いており、
いつもおいしいお料理を食べながら
世間話や恋愛トークなどをするも
やっぱりだんだんと占いの話に

そしていつも二人で関心することは、
西洋占星術であれ東洋占術であれ、
何で占っても結果は同じだという事です。

結婚運がどうだとか、相性とか・・
どんな職業に向くとか・・
商売に向くとか向かないとか・・

それぞれ表現方法は違えど、
結局は同じことなのです。

もし複数の占いで違う結果が出たのなら、
必ずどれかが間違っているのです。


そう考えると、
私たちの意識していないところ
どこか上の方では、
すべてが繋がっているのかも知れないですね。

それが天なのか、宇宙なのか、神様なのか・・
どう考えるかは人それぞれです

そして、多くの人の運勢をみてきて思うのは、
誰でも素直に生きていれば、
自然と良い方に向かうものです。

これを言ってしまえば私の仕事がなくなりますが
「運命」という「命」の「運び」は、
決して私たちを苦しめるものではないのです。

本来ならスムーズに進むべき運も
意地や恨み、こだわりなどがあれば乱れます。

皆さまもぜひ素直な心で、
天にアンテナを向けてみてください


【2017/07/13 11:58 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


乱世の英雄
アメリカの大統領になられたトランプさん、
あの人、一体なんなんでしょうね~

さてさて、
政治のことはよく分かりませんので、
今日はちょっと手相のお話を

トランプさんの手相は特徴がよく出ていて、
以前から気になっていました

下の画像がそうですが、
上へ大きく弧を描く「感情線」と
とーっても短い「頭脳線」です。

trump.jpg

まずは「感情線」について...
トランプさんのように、
人差し指と中指の間まで
弧を描いて伸びている人は、
とても情熱的で感情的です。

線の上向きと同様、気持ちも上向きで、
人に対する愛情も豊かですが、
好き嫌いが激しいところがあります。
基本、自分の感情に素直なんですね

そして「頭脳線」ですが、
トランプさんのように、シュッと短い線の人は、
直観的で深く考えるのは苦手です。

なんでも白黒はっきりつけたい、
ちょっと気忙しいところもあります。

また、直線的で短い頭脳線は
データ重視の傾向もあるのですが、

そう考えると・・
感情的で直観的
だけどデータ重視の現実主義

無茶苦茶なのか、清濁併せ呑む器なのか
それは、後にならないと分からないことですね

今のところは
「清平の奸賊 乱世の英雄」
といったところでしょうか
【2017/02/07 13:28 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


「宿命」と「運命」
皆さんは「宿命」と「運命」の違いをご存じでしょうか?
「同じようなもの」と思っている方も多いようですが、
ぜんぜん違うんですよ

宿命とは、“命-めい-”が宿すもの
運命とは、“命-めい-”の運びという意味です。
宿命は生まれ持ったもので、
変わること、変えることは出来ません。
「天命」ともいえます。


例えば、どんな家に生まれたか、
男に生まれたか、女に生まれたか、

病弱だとか、健康だとか
早くに親を亡くした..など、
自分ではどうする事もできないものです。

先日、横綱に昇進した稀勢の里が
「天才は生まれつき」と語っていましたが、
これが“宿命”なのです。

そして、「努力で天才に勝つ
これが“運命”です。

「運」という字の成り立ちは、
大将が軍を動かすという意味で、

自分の命をどう動かすか、どう生きるか..
運命とは、自分が動かすものなのです。

毎日いろんな相談を受けますが、
いつも思うことがあります。

それは、悩みのほとんどは、
「宿命ではなく」
「運命によるもの」という事です。

今までの人生で
自分がしてきたこと、
自分が選んできたもの、
自分が見逃してきたもの..

それらが、
結果災いとなっているのです。

先ほどの稀勢の里の話でも、
天才として生まれなかったことは
さぞかし悔しかったでしょう。
残念ですが、それが「宿命」です。

ですが、それを乗り越える努力をしたから
横綱にまで昇進できたわけで、
逆に元から天才なら、
そこまで努力をしなかったかもしれません。

私の大好きなイチロー選手も
天才と言われることが大嫌いだそうで、
それだけ努力をされてきたのでしょう

実際、恵まれた命の人ほど、
ダラダラ生きてたりもします

身近なところで私も・・
両親が健在なのに、親孝行していませんし
いつも主人が居ることを、当たり前に思っています

これも、宿命に甘えて、
運命を疎かにしているという事

皆様もぜひ、宿命がどうであれ、
自分の命を自分で動かして下さいね
【2017/02/05 11:14 】
| その他 | コメント(1) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


みんな同じです
毎日、色々な方が相談にいらっしゃいますが、
本当に人生って色々ありますね~
「事実は小説よりも奇なり」と言われる通りです。

私自身ももちろんですが、
何にも無い人なんて、絶対にいません。

たまに“この世の終わり”のような状態で
相談に来られる方がいるのですが、

「つい先日も、同じような相談がありましたよ」と言うと、
なんだかホッとされることがあります。

自分だけが不幸なんじゃないか、
自分だけが悩んでいるじゃないか、

そして自分だけが暗闇にいるように
思ってしまうのでしょう。

ですが本当~~に
なんにも無い人なんていません

あの人もその人も、
皆あなたと同じように
色々と考え悩んでいるんですよ

一人で悩めば悩むほど、
物事は大きくなってしまうものです

答えは意外と簡単なことかもしれません
一度、客観的な意見を聞いてみてはいかがですか

【2016/11/28 23:57 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


地風升-ちふうしょう-
今日はちょっと易のお話を

地風升の升とは、
「まだ地中にある芽」を表しています。

土があり、そして風がある

この卦は、やがて地上に芽を出し
伸び育っていくという象を示しています。

さて、
そういえば、そろそろ桜が咲く頃ですね

日本人なら誰もが待ちわびる桜の開花も、
冬の気温が大きく影響しています。

木も人も、天地のもとには同じ

芽を出し大きく伸びるには、
自分の頑張りだけでなく、
周りの環境も大きく影響しているのです。

これは「柔を持って従う」といい、
受け身であることを吉としています。

受け身といっても、
ただ口をあけて待つ訳ではなく、
動かない訳でもありません。

“相手や環境に合わせて動く”という事です。

自分の考えや望みをゴリ押しするのではなく、
たとえ今はうまく進まなくても、
「機が熟すのを待とう」

そんな風に従ってみるのもまた、
天地の理に適った行動なのです。

皆様もぜひ、“小さな自分”にこだわらず、
“大きな天地”を受けて過ごしてみて下さい
【2016/03/06 23:58 】
| その他 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


天下取りの相
手相には「天下取りの相」と
いわれるものがあります。

「マスカケ線」とも呼ばれる線で、
下図のように、
手のひらを横にはしる
「感情線」と「頭脳線」とが
一本になった相をいいます。

masukake.gif

「天下取り」と言われるだけあって、
この手相の人は強運の持ち主で、

意志が強く、逆境に強く、
どんな世界でものし上がる強さがあります。

というのも、
私たちは普段、
無意識に表と裏を使い分けています。

本音と建て前や
理想と現実、
理性と本能、などなど

なにかと気持ちに
ストッパーをかけているのです。

ですがマスカケ線の持ち主は
頭と感情が一つな訳ですから、
思ったことがそのまま・・・

体裁や常識に囚われたりせず、
自分に余計なストッパーをかけません。

ですから、本音のままに生き、
こうと決めたら突き進みます。

そうして夢を夢で終わらせず
現実のものにするのです。

ただ・・・
全ては吉凶一体です。

せっかくの「天下取りの相」だって、
目指す天下が無ければ
とんでもない凶運にもなります。

感情を抑えられずトラブルを起こしたり、
悪い事でも突き進んでしまうのです。

このブログをご覧の皆様に、
マスカケ線の方はいらっしゃいますか

せっかくの「強運」が
「凶運」になってしまわないよう
ぜひ大きな夢を持ってくださいね

【2015/11/16 01:06 】
| その他 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


「臥薪嘗胆」こそ・・・
「臥薪嘗胆-がしんしょうたん-」とは、
「屈辱を忘れない」「苦労を耐え忍ぶ」
などの意味に使われる、中国の故事です。

中国の春秋戦国時代、呉国の王「夫差」が
敵対する越国に討たれた父の仇を討つため、

硬い薪(まき)の上に寝て痛い思いをし、
その復讐の気持ちを忘れないようにした。

という「臥薪」と、

その後、夫差に敗れ
馬小屋の番人にさせられた越国の王「勾践」が

毎日毎日、苦い肝を嘗(な)めることで、
その屈辱を忘れないようにした。

という「嘗胆」からなるお話です。


よく使われる故事ですが、
これって、「気持ちは消える」という事を、
物語っていると思いませんか

私はいつも、
「気持ちでご飯は食べられません」
「気持ちなんてあやふやなもの」と言いますが、

失恋の辛い想いも、
人間関係の嫌な想いも、
仕事での悔しい想いも、

どんな想いだって、
形なんてありません。

父親を殺されたほどの恨みも、
王でありながら番人をさせられた屈辱も、

「気持ちだけでは消えてしまう」
ということですよね。

薪の上に寝たり、
肝をなめたり、

あえて肉体に苦しみを与えることで、
想いを留めていたのです。

そういえばアメリカには、
昔、ひどい扱いを受けて死んでいった
奴隷たちの怨念が宿ったという
“呪いの石”があるそうですが、

これだって、どんな恨みも苦しみも、
手に取れない気持ちなんて、
煙のようなもの

だから石に宿る事で、
やっと留まれるのです。

日々、色んな相談を受けますが、
どんな悩みも迷いも苦しみも、

それは“本人が想っているだけ”
それがほとんどです。

想いが邪魔をして、
冷静に選択できなかったり、
余計に事を大きくして
“こんがらがって”しまうのです

今、想いが“こんがらがっている”という方は、
一度、客観的な意見を
聞いてみてはいかがでしょうか
【2014/12/08 13:07 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


人を呪わば穴二つ
先日、コメンテーターなどでも知られる、
精神科医の名越康文先生の講演会に行きました

昔からファンで・・・と言っても、学術的なことより
単に“タイプ”という、不埒なファンですが

そういえば以前、名越先生が著書か何かで、
「人の脳は主語を理解しない」と仰っていました。

これは、例えば「あいつなんか不幸になれ!」と人を恨んでも、
自分の脳は「不幸になれ」としか
理解しないそうなのです。

「あいつなんか死んでしまえ」
「あんなやつ失敗すればいい」
「あんな人はバチが当たればいい」

例えどんな背景があったとしても、
そんな風に心で思うと、

自分自身が「死・失敗・罰」の渦に
飲み込まれてしまうんですね

そしてこれは、
占いでも同じような事がいえます。

生年月日時による五行バランスで
剋気が強い人というのは、

「やられた感」「言われた感」を
強く持つ傾向があります。

剋気とは、「犠牲や我慢」をもたらす働きですから、
これが弱い人なら“スルー”するような事も、
強い人だと犠牲感を強く持ってしまうのです。

職場や学校での“イジメ”の相談も多くありますが、
そのほか人間関係においても、
被害を被る人というのは、
たいてい剋気の強い人です。

被害にあう運勢・・・
なのではなく、
自分で自分を被害者にしてしまうのです。

人から何かされた時、、
剋気のない人なら、反撃したり、
なんなら逆ギレでもして
結局は加害者になるのですが、

剋気が強いと、「やられた」「言われた」と
被害者になってしまいます。

そして相手を嫌ったり、恨んだりして
自分が苦しくなるのです。

それに、加害者は“自分が攻撃した”のですから、
謝ることができます。

ですが、被害者は「やられた」訳ですから、
謝ることは出来ません。
というより謝って欲しい側です。


「人を呪わば穴二つ」と言いますが、
本当は、穴は一つなのでは?

呪われた側の“加害者”は、
自分がした事に気付いてないかもしれませんし、
または、「悪いことをした」と反省して、
とっくに終わった話・・・
晴々した気持ちかもしれません。

呪った側は「やられた、言われた」の被害者ですから、
自分は「悪くない」ので謝ることもできず、
苦しみから逃れる事はできないのです。

もし今、「ひどい目にあっている」という人は、
自ら被害者になってないか、
少し考えてみてはいかがでしょうか
【2014/11/29 17:35 】
| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


| ホーム | 次ページ